前回のブログ記事にて、ハーブ健康本舗(以下ハーブ)の事務所が2020年8月に移転したことをご紹介しました。引っ越した直後はまだ荷物の整理でバタバタと慌ただしくしておりましたが、その後業務の合間で片付けや追加のリニューアルを進め、現在はきれいに整頓されたオフィスになっております。

ハーブの企業理念である「すごいの出そう」を体現しようと、改良に改良を重ねた事務所ですので、せっかくならとプロのカメラマンの方にお願いし、先日新しい事務所を撮影していただきました。

写真がよい感じに出来上がっておりますので、私たちハーブ社員がどのような環境で仕事をしているのか、ご紹介させていただきたいと思います。今までの“職場環境”の概念を一新する、とにかく「すごい」オフィスを!という熱い思いを具現化した、オシャレで過ごしやすいオフィスに仕上がっていますので、今回は思いっきり自慢させていただきます!(笑)

コンセプト:毎日の充実した時間を生み出す、植物でいっぱいの空間。

1階のエントランスから、3~5階の勤務スペースを居に構えるハーブの事務所。コンセプトはズバリ、「Herb a good time -いい時間をつなげましょう!-」です。

オフィスは仕事をする場所ですが、言い換えれば“新しい発想やヒラメキを生み出す空間”でもあります。一人で集中する中で新しい発想やヒラメキにたどり着くこともあれば、グループワークのコミュニケーションの中から生まれることもある。そのきっかけをつくるのが、何気ない日頃の環境です。

ハーブの事務所には、作業効率化とコミュニケーション活性化を一挙に向上できるよう、集中できるパーソナルスペースや、状況に応じて主体的に行動できるフリーデスク業務の合間にゆったりとくつろぎコミュニケーションがとれる休憩スポットをバランスよく取り入れ、社員の労働時間をより充実した時間へとつなげていきたい、という思いが込められています。

もうひとつ、実はハーブの事務所は、全体を1本の大樹に見立てたようなつくりをしているという特徴があります。

今までの歴史や実績を語る“太くブレない幹(中心部のエレベーター)”から、枝葉が伸びていくように勤務スペースである3~5階が位置しており、これからも新しい価値や想いを届け続けていこうとするメッセージが込められています。窓の配置を工夫して、3~5階のスペースすべてに日の光が差し込むよう設計されている点もポイントです。

さらに、ハーブがお客様に提供してきた世界中のハーブ「草穀菜果木(そくこくさいかもく)」のイメージを大事にすべく、植物が各部屋の至るところに飾ってあったり、柱や家具を木の素材で統一したりと、随所にこだわりが散りばめられています。このあたり、各階の写真の中にも出てきますので、この後しっかりご紹介しますね!

エントランス(1階):すべての階をつなげる“光”のトンネル。

前置きが長くなりましたが、さっそくハーブの事務所――大樹の中へと入っていきましょう。

エントランスとなる1階は、細長い筒長をしており、大樹につながるトンネルのようなイメージです。よく見ると、会社のロゴと一緒に大きな木のイラストが描かれていたり、木目調で各階への案内板が出ていたりします。

空間全体が白くやわらかにライトアップされており、すべての人をあたたかく出迎える役割を果たしてくれています。そしてこの光、実はハーブ事務所の全階の入口にも、縦に一本筋が伸びるように、同じ白のライトアップが施されています。太い幹の中に一筋の光が差し込むようなデザインは、まさに大樹を思わせる小粋な演出です。

勤務スペース(3階):解放感と機能性を兼ね備えた、コミュニケーションの取りやすい空間。

ここからは実際に社員が仕事をしているスペースをご紹介します。1階からエレベーターを使って、3階に上がります。

3階では、ハーブのカスタマーサービス(コールセンター)、システム、バックオフィスのメンバーが仕事をしています。部署どうしで連携して仕事を進めることも多いことから、全体的に解放感のある広々としたつくりになっており、コミュニケーションをできるだけ図りやすくしています。

また、資材置場などの関連書室のアクセスもしやすいよう、人のスムーズな往来を意識した配置となっております。

加えて、集中して会議したりアイデアをねん出したりするための会議スペースもあり、各人業務に合わせて適宜利用できるようになっています。従来の会議室がもつ冷たいイメージにならぬよう、木目のデスクや角に丸みのある家具への統一など、随所に工夫も凝らしています。

壁も最大限利用できるよう大きなホワイトボードが設置され、突発的な打ち合わせにも対応できるプチMTGスペースも用意されています。ちなみに設置されている黄色い椅子は、座る部分の可動域がかなり独特で、“立ったまま寄りかかれる”ような不思議な感覚を味わうことができる、まさにササッと打ち合わせするためにあるような椅子となっています。

窓際には休憩スペースを完備。お昼休憩として活用する他、何か集中して作業を進めたい場合の仕事場としても機能するこの空間は、各人の想いに合わせて様々に活用することが出来ます。壁側には、社員のアイデアから生まれた社内図書館「ハーブ図書」があり、知識を深めるための読書の時間にあててもOK。思わず仕事を忘れて読みふけってしまいそうです。

今回はここまで!

次回は、企画系の仕事が捗るよう設計された4階の勤務スペースと、普通の会社にはない○○○○を作ってしまった5階スペースをご紹介したいと思います。エントランスや3階とまた一味違った雰囲気をお伝えできればと思います!

※写真撮影のため、一時的にマスクの着用無しで撮影しています。通常勤務時は、コロナ感染を防ぐためマスクの着用および手洗いうがい、アルコール消毒の徹底をして業務に取り組んでいます。

■□■関連記事■□■

2020年度の売上目標「100億円」を達成しました!

真夏の大移動!事務所を移転しました

満足度アップ・効率化・売上貢献…ひらめきひとつで会社が変わる「アイデア提案制度」とは?