wholesale-title

ハーブ健康本舗は、BtoCの直販事業だけでなく、BtoBの卸事業にも力を注いでいます。
中国をはじめとした海外の小売店への卸、越境ECモデルでの海外通販、国内のドラッグストアをはじめとしたオフライン展開など、積極的に販路を拡げています。直販と卸、オンラインとオフライン、さまざまな販売手法を組み合わせることで相乗効果が生まれています。

仕事内容

200124_h_1024_loop

海外販路の拡大

2016年から中国越境ECをはじめとする海外展開を推進しています。T-mall国際での越境ECモデルでの通販、中国の大手プラットフォームへの卸販売。そして香港や台湾、アメリカなどのその他諸外国への販路拡大に向け、オンライン・オフライン問わず企画提案・販路開拓に力を注いでいます。

200124_h_0992_loop

国内販路の拡大

国内では、特にドラッグストアでの海外のお客様のインバウンド需要が高く、積極的にインバウンド店の開拓を推進しています。また、国内通販のオンラインでの広告展開とオフライン店舗での販売を融合させたモデルを実現するために、小売業(ドラッグストア・バラエティショップ・量販店・免税店など)の販路開拓を行っています。

wholesale-img032x

その他BtoB事業の運用

海外の販路を拡大するための、海外の法令調査や輸出申請、小売店の売上を最大化するための販促ツールの企画や提案書の作成、海外でのブランドの認知を広めるための広告の企画運用など、BtoBビジネスを成功させるための幅広い活動を行っています。

部署ミッション

販売チャネルを世界中に拡大して、ハーブブランドのファンを世界に拡げること。

メッセージ

日本の小売流通において、未だ約80%を占めるのが「オフライン」です。この大規模な市場へ、ハーブ健康本舗がオンラインの直販で培ってきた商品を流通させていくことが、卸事業の仕事です。ドラッグストアなどの小売店舗へ販路を拡げることで、通販では購入されないお客様に手に取っていただける機会を創出でき、直販事業とのシナジー効果が生まれ、さらなる売上拡大が見込めます。また、有名な小売店舗に取り扱っていただけると、高いブランディング効果やPR効果も期待できます。
海外においては、中国をはじめとした諸外国への展開を進め、日本とは異なる国で見聞を広げながら商流を設計しています。BtoBは国内・海外ともにまだまだ未参入領域が多く、無限の可能性があります。2016年に海外展開を始めて3年で年間25億円を突破。約10倍に成長するなど、大きな成果を出すことができ、私たちの高いモチベーションにもつながっています。
グローバル社会と言われるようになって10年以上になりますが、本当にそれを実感できる仕事です。日本では考えられない年間40%近い市場成長や、日本の常識が通じないダイナミックな海外ビジネスを体験することが、自身の視野を広げてくれます。
海外ビジネスの醍醐味や国内の店舗流通を学べる環境です。

BLOG