新年、明けましておめでとうございます!2022年が始まりましたね。

ハーブ健康本舗は昨年、年商150億円達成を目指す目標を前倒し、2022年10月末に達成するという宣言をいたしました。今年は勝負の年!全社員一丸となって、日々頑張っていきたいと思います。

そんな新年1発目の記事は、日々をふんばるハーブ健康本舗の社員が語る「2022年の抱負」をご紹介したいと思います。エネルギッシュな面々に、今年はこれを頑張る!こんな風になる!という決意を、文字にしたためてもらいました。

商品開発 須本の場合

商品開発】 須本
2021年3月入社。商品開発に所属して以降、様々な新商品の企画・開発を担当しています。日々の勉強を惜しまない努力家。プライベートはインドア・アウトドアを半々に楽しむ派。

そんな勉強熱心な彼女の抱負は『格物致知(かくぶつちち)』。儒教の経典に出てくる言葉です。

須本
格物致知(かくぶつちち)は、物事を本質的に理解して、専門知識を高めていく様を占める四字熟語です。3月に入社し、商品開発で仕事をしていますが、今年はさらに開発の専門知識を深めるために、しっかりと勉強していきたいと思います。

広告メディア企画 浦野の場合

広告メディア企画】浦野
2021年1月入社。広告メディア企画に所属し、WEB上での新しいお客様へのアプローチを推進しています。行動力溢れる熱血漢。趣味は眼鏡収集で、家にいっぱいあるのだそうです。

漢字一文字で『進(すすむ)』と、抱負にしたためてもらいました。

浦野
KCシリーズの担当として、事業を拡大すべくゴリゴリ進行して施策を進めていこう、また、社内でもコミュニケーションを自ら進んでとっていこう、という想いを込めました。守りに入らず、常に前進し続けます。

CRM企画 高永の場合

CRM企画】高永
2021年2月入社。異業種からの転職ですが、入社して早々にリピーターのお客様向けの各種販促やコミュニケーション企画を次々に生み出しています。服装がオシャレでハイセンス!

彼女の抱負はずばり『一(いち)』。シンプル イズ ザ ベストの極み。

高永
入社してもうすぐ“一”年が経つので、今期はさらに仕事を任せられるようになりたいと思っています。また、ハーブ健康本舗がお客様にとって“一”番の存在になれるように…という想いから「一」を書きました。貢献できるよう頑張ります。

経営企画 谷﨑の場合

経営企画】谷崎
2020年7月入社。経営企画にて分析業務を統べるハイスペック男子。現状の可視化・数値化により、会社の課題と今後とるべき方針を明らかにしてくれます。サッカーは基本見る専。

新年の抱負は『好奇心(こうきしん)』。何事にも積極的に関わってくれる彼らしい一言です。

谷崎
いろんなことがしたい、という想いでこの言葉を選びました。仕事面では、今年は地場固めの一年として、自身の担当分野を一段と深堀りしていくフェーズだと考えています。そんな中でも好奇心を忘れず、新しい知識や経験から刺激をもらって毎日を過ごしていきたいです。

カスタマーサービス 石田の場合

カスタマーサービス】石田
2021年1月入社。カスタマーサービス部門で、新規ご注文の受付(外部コールセンターの運営管理)を担当しています。TVや新聞広告をご覧いただいたお客様からの怒涛の注文を、コールセンターと連携してしっかり切り盛り。ヨガとカフェ巡りが趣味。

泰然自若(たいぜんじじゃく)』を新年の抱負に。確かに仕事する上で身に着けたい姿勢。

石田
どんな状況においても動揺せず、落ち着いて構えて、本質を見失わないよう『泰然自若』という言葉を新年の抱負にしました。いつでもブレずに、落ち着いて過ごしていきたいと思います。

経営企画 岩佐の場合

経営企画】岩佐
2021年5月入社。経営企画に所属しながら、出向で広告メディア企画の仕事を担当。変動しやすいWEBの実績数値を追いかけながら、改善策を最速でうてるよう、日々尽力しています。尊敬する人は「野原ひろし」。

彼の信念の抱負は『日進月歩(にっしんげっぽ)』。中国の思想家の言葉が語源になっているという説があります。

岩佐
『日進月歩』は、日々絶えず進歩し続け、急速に成長することを指す言葉です。入社して半年が過ぎ、さらに早く成長したい、もっと日々精進していきたい、そんな気持ちで仕事していきたいと考えています。

バックオフィス 松尾の場合

バックオフィス】松尾
2021年3月入社。バックオフィスの中でも、生産や物流、在庫の管理を担当。商品・梱包資材・同梱ツールなど、お客様に価値をお届けする上で欠かせない重要業務を担ってくれています。特技はしりとり。

横に長い組織だからこそ非常に重要な『連携(れんけい)』が新年の抱負。

松尾
管理部門は、他部署やパートナー企業の方とのやり取りがとても多いので、しっかりと連携をとって仕事を進められるよう、1年の抱負として掲げました。自分から情報をとりにいく姿勢で取り組みたいと思います。

代表・永松の抱負は…?

7名の社員に抱負を語ってもらいました。冒頭でも書いた通り、2022年は年商150億円達成に向けた勝負の年。一丸となって頑張りましょう!

さて、ハーブ健康本舗メンバーによる新年の抱負、締めは代表にお願いしようと思います。

ちなみに昨年の2021年に語ってもらった抱負は『原点』でした。

当時の記事はコチラ

代表の永松は、2022年をどのような1年にするのでしょうか?抱負がコチラ!

永松
今年の抱負は『革新』です。今までにない新しい商品やサービスを、考えて考え抜く。常識にとらわれない斬新さや、日本で初めて登場するもの、とにかく今までにない革新的な価値を生み出せるように、精進していきたいと思います。

というわけで、革新を巻き起こすハーブ健康本舗との末永いお付き合いを、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

▼その他の記事はコチラ▼
各テーマのアイコンをクリックしてください

執筆:住吉泰地(すみよしだいち)